日本軍「慰安婦」メモリアル・デー記念キボタネ・オンライン・トークイベント



 日本軍の「慰安婦」にされた女性たち一人一人の人生を学び、人柄に触れ、彼女たちを象徴する花を選び、その花をモチーフにしたデザインでアイテムを製造販売し、その利益を寄付して性暴力のない社会づくりに役立てる。韓国でマリーモンドを立ち上げた若者たちが目指したもの、やり遂げたものの大きさに私たちは目を見張りました。ところがそのマリーモンドが昨年11月に活動休止。

 ならば、この日本で、マリーモンドが切り拓いた希望や、意思を引き継ごう。性暴力の根絶を願い続けた日本軍「慰安婦」被害者たちの思いを、マリーモンドのデザインに込めて、日本から発信していこう。

 これまで韓国マリーモンドの製品を輸入販売してきたキボタネが、製造販売を開始するためにおこなっているクラウドファンディングが8月14日に最終日を迎えます。8月14日は日本軍「慰安婦」メモリアル・デー。この日に、私たちが記憶したいサバイバーたちのこと、マリーモンドのこと、お話したいと思います。是非、ご参加ください。




 
日時:2022年8月14日(日) 11:00~12:00

参加無料、要申し込み

申し込みはこちら↓

内容

・映像鑑賞「金学順さん最後の証言」(26分)

・トーク 北原みのり×田中麻子×石田凌太×梁澄子(30分)

 マリーモンドが花を献上したハルモニたちのこと、マリーモンドのデザインに込めた思いなどを語ります。

閲覧数:226回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国

田中麻子 聞き取りプロジェクト7人目は方清子さんのお話を、2022年1月15日、16日の2回に渡って伺いました。 方さんは大阪で活動されているので撮影担当の私も大阪へ。大阪・鶴橋のコリアンタウンを抜け、方さんの元へ向かいました。 広島生まれ、中学時代からは大阪で暮らす方さんは在日朝鮮人です。 子供の頃には在日朝鮮人であることを隠していた方さんは高校卒業後から徐々に韓国文化に関わり始め、在日韓国青年