top of page
  • 執筆者の写真love965

韓国の若者による「分かち合いの一歩」の旅 報告会

更新日:2020年6月9日


韓国の若者による「分かち合いの一歩」の旅 報告会

6年にわたり50ヵ国以上を旅したバックパッカー、チョン・キヒョン氏は、米国で偶然、映画『鬼郷』を観て、「慰安婦」にさせられたハルモニたちのために何かしたいと思ったこと、旅の中で日本人の友だちができて歴史の話をすると、日韓の歴史に関心がないこと、さらに、日韓「合意」後、日韓の市民意識にはギャップがあり、国家だけに任せておけないと思ったそうです。そこで、バックパッカーである自分らしく、 3ヶ月の間、自らの足で日本を縦走しながら、韓日間の市民の対話が必要であることを知らせるキャンペーンをしようと決意しました。

今年6月、「小さな少女像」をもって北海道札幌を出発し、2万5000キロを歩き、8月末に終着地・沖縄の宮古島「アリランの碑」に到着しました。

そこで、チョンさんに、旅の写真を見せながら報告していただくことにしました。

旅の中でどんな人々と対話し、どんな発見があったのか、旅が終わって、今後何をしようとしているのかについて伺えればと思います。

*チョンさんによる旅のはじまりのメッセージ

9月14日(木)18:30〜

会場:戸塚地域センター 18:30〜19:30 6階和室+休憩+19:45〜5階 会議室2

   高田馬場駅早稲田口より徒歩2分

参加費 : 800円、学生・非正規500円

★要申込 定員20名★

申込み:yukaokmt@yahoo.co.jp 岡本有佳

主催:韓国の若者による「分かち合いの一歩」の旅報告をきく会

協力:FFJ「慰安婦」問題サイト


閲覧数:158回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【終了】キボタネツアー2024 SPRING報告会&「ハルモニに会いに行く日」上映会

キボタネツアー2024 SPRING報告会 &「ハルモニに会いに行く日」上映会 2024年3月、キボタネは5回目の若者ツアーを実施しました。その参加者たちによるツアー報告と、チェ・イェリンさんのドキュメンタリー作品「ハルモニに会いに行く日」上映会を開催します。 チェ・イェリンさんは、韓国で市民活動家として日本軍「慰安婦」運動に直接関わるとともに、運動を支えてきた女性たちの姿を取材して、本ドキュメン

bottom of page