性暴力・性搾取に取り組む若手活動家ツアー報告 第二日目

更新日:2020年6月9日


9月21日木曜日、ツアー二日目。

「タンポポ巡礼団」に参加し、1泊2日で全羅北道の全州(チョンジュ)と群山(クンサン)にある性売買の現場などをまわりました。

「タンポポ巡礼団」の資料によると、2000年と2002年群山で発生した性売買施設の火事惨事により、20名の性売買女性が犠牲となり、性売買女性の人権問題がいかに深刻であるかを世の中に知らせることになりました。それは2004年の性売買防止法制定の契機となりました。

「性売買問題解決のための全国連帯」は、彼女たちを記憶し、追悼し、同じようなことが二度と起きないようにという願いをこめて2006年から毎年9月、群山を訪れています。

  • 下月洞(ハウォルドン)性売買集結地企画展示「再び見る」観覧

ソウル下月洞のある性売買集結地、俗称「ミアリ」。80年代には400の業者がありましたが現在は100あまり。この地で相談所を運営し、アウトリーチ活動を続けて来た「性売買問題解決のための全国連帯」および女性人権センター[見る]は、再開発を前にミアリがどういう場所なのか、どういう意味で私たちに感じられているのかを、活動家とアーティストらが共同作業をとおして考え、作品化したそうです。ミアリのアーカイブ写真とともに展示されていました。

                    ミアリにある展覧会会場とポスター

                     会場風景 展示を見るメンバーたち

ホ・ナヨン「それにもかかわらず、通路の言葉たち」白いのれんをくぐりながら、そこに記された当事者たちのことばを読む。

キム・ドヒ「落ちた太極旗」(家事で燃えた業者から収集したオブジェ)

全州 ソンミ村を歩く+ソンミ村リボン・プロジェクトの展示を見る。全州の性売買集結地であるソンミ村を文化芸術と人権の空間に変化させようと、文化再生事業が推進される中、「全北女性人権支援センター」は、ソンミ村を女性人権侵害の空間から女性の人権を象徴する空間と文化芸術の空間に再構成するリボン・プロジェクト企画展示を実施。6人のアーティストと現場の活動家たちが時間をかけて共同で準備し、ソンミ村内の元業者の店舗3カ所が記憶の空間として再構成され、3つのセクション「見る」「つなげる」「結ぶ」で展示されていました。

ソンミ村通りを歩く。現在も40あまりの業者が営業中だ。

リボン・プロジェクト企画展示図録

業者の店舗内では女性たちが使用した家具や品物が利用され、性売買業者内部を再現されている。

チョン・ムンソン 「one's eyes」 性売買女性たちがさらされている視線のよう

ジャン・クンボム「 Mの年代記」 買春をしたことがあるかないかを尋ねる。首を振る瞬間を撮ったもの。

ソンミ村内の記憶の空間で開かれたオープニングトークコンサートと公演

全北女性人権支援センター長のソン・キョンスクさんより、ソンミ村の歴史について説明を聞く。

全州で一泊。

ご紹介したアート作品はほんの一部です。機会があれば、ぜひ現地でに足を伸ばしてみてくださいね。では、第三日目に続きます。乞うご期待!


閲覧数:147回0件のコメント

最新記事

すべて表示

田中麻子 1937年生まれ、現在84歳の柴崎さんは東京で生まれ育ち、戦争を体験します。高校卒業後さまざまな運動団体と関わった柴崎さんは保育士としても現場で働き保育士の労働環境改善のために活動しました。その後、韓国人差別に反対するため地域の中で指紋押捺拒否運動などに関わっていく中で戦争被害者の声を聞く機会も多く、しかし男性の被害は出てくるのに女性の被害の話が出てこないことに気がつきます。 そんな中、

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2021年9月11日と9月25日の2回にわたって山田久仁子さんへのインタビューを行いました。山田さんはフィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩(ロラネット)のメンバーとしてロラ(タガログ語で「おばあさん」)と呼ばれるフィリピンの日本軍「慰安婦」の被害者への支援活動を長年行ってきた方です。また、ロラネットでフィリピンの「慰安婦」の歴史を学ぶためのワークショップを学

村上(修士1年) 若者プロジェクトでは、2021年7月25日と8月7日の二回に分けて山口明子さんから聞き取りをしました。初回の聞き取りでは、満州と四国の松山で過ごした幼少期から説き起こして、戦後に東京の学校を卒業し、キリスト教協議会などに勤めつつキーセン観光反対運動や「慰安婦」問題に関わっていく経緯などを一気に語ってくださいました。第二回目の聞き取りでは、第一回目の内容をさらに詳細に語っていただく