性暴力・性搾取に取り組む若手活動家ツアー報告 第四日目と第五日目最終日

更新日:2020年6月9日


——————————————————————————————

9月に行われた若手活動家ツアー、ブログでのご報告は今回で最終です。

来年1月26日に都内で報告会を行う予定です。詳細が決まりましたらこのブログでも告知いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。どうぞお楽しみに!

9/23(土)第4目

■午前中、全国連帯などの活動家・研究者との懇談会。

  • デジタル性犯罪シンポジウム

「媒介される欲望、取引される体〜韓国と日本の性売買、デジタル性暴力の実態」

中央大学で開催された同シンポジウムに参加し、日本の現状と問題点を発表した。200人をこえる参加者が集まった。200以下、発表テーマと発表者。

  • 日本のJKビジネスと少女たちの現実 :仁藤夢乃 (Colabo代表)

  • 日本のAV産業の実態と被害事例:金尻カズナ(PAPS,ポルノ被害と性暴力を考える会)

  • デジタル性暴力の区分と実態についての総合分析:ハ・イェナ(DSODSO、デジタル性犯罪アウト代表)

  • 韓国の性売買とデジタル:イ・ハヨン (性売買問題解決のための全国連帯)

  • 日本におけるセックスワーク論:小野沢あかね (立教大学)

  • 日本のAV とフェミニズム:金富子(東京外国語大学)

  • 韓国性売買/デジタル性暴力法の現況と課題-処罰法を中心に:ジャン・ダヘ(韓国刑事政策研究院附研究委員)

  • 韓国の10代の性売買の実態と対策:チョ・ジンギョン代表 (10代女性人権センター代表)

9/24(日)第5目

■戦争と女性の人権と戦争博物館

ソウル麻浦(マポ)区ソンミ山に2012年にオープンした戦争と女性の人権と戦争博物館のを見学し、日本軍「慰安婦」問題の歴史とともに、問題解決運動の歴史と意味などを学びました。地下にある企画展示館2では、特別展として、ベトナム戦争で韓国軍によって性暴力被害を受けたベトナム女性の痛みを紹介していました。

特別展ではベトナム戦争で韓国軍によって性暴力被害を受けたベトナム女性の痛みを紹介

平和のウリチプ

            金福童さん(右)と吉元玉さん

日本軍「慰安婦」ハルモニたちのシムト(シェルター)「平和のウリチプ」を訪問し、金福童さんと吉元玉さんのお話を伺いました。 

体験を話してくださるお二人の勇気に心打たれた参加者たち。日本からの参加者から、「慰安婦」問題や性搾取の問題を解決するむずかしさが語られると、ハルモニからは「一人より二人、二人よりみんなで一緒になって解決していこうとしていけば大きな力になっていく。日本と韓国の若者がおたがいに助け合っていってほしい」と話されました。


閲覧数:149回0件のコメント

最新記事

すべて表示

田中麻子 1937年生まれ、現在84歳の柴崎さんは東京で生まれ育ち、戦争を体験します。高校卒業後さまざまな運動団体と関わった柴崎さんは保育士としても現場で働き保育士の労働環境改善のために活動しました。その後、韓国人差別に反対するため地域の中で指紋押捺拒否運動などに関わっていく中で戦争被害者の声を聞く機会も多く、しかし男性の被害は出てくるのに女性の被害の話が出てこないことに気がつきます。 そんな中、

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2021年9月11日と9月25日の2回にわたって山田久仁子さんへのインタビューを行いました。山田さんはフィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩(ロラネット)のメンバーとしてロラ(タガログ語で「おばあさん」)と呼ばれるフィリピンの日本軍「慰安婦」の被害者への支援活動を長年行ってきた方です。また、ロラネットでフィリピンの「慰安婦」の歴史を学ぶためのワークショップを学

村上(修士1年) 若者プロジェクトでは、2021年7月25日と8月7日の二回に分けて山口明子さんから聞き取りをしました。初回の聞き取りでは、満州と四国の松山で過ごした幼少期から説き起こして、戦後に東京の学校を卒業し、キリスト教協議会などに勤めつつキーセン観光反対運動や「慰安婦」問題に関わっていく経緯などを一気に語ってくださいました。第二回目の聞き取りでは、第一回目の内容をさらに詳細に語っていただく