• love965

キボタネツアー2019 AUTUMN 報告会

更新日:2020年6月9日


キボタネが最も大切にしている日韓若者の交流、そして韓国への学びの旅を体験した若者たちの報告会を行います。

「慰安婦」問題から目を背け続け、次世代に性暴力問題、歴史問題を届けてこなかった日本社会で、「なぜ韓国では『慰安婦』問題がまだ問題なのか」「日韓の合意は何だったのか」「そもそも『慰安婦』問題はなんなのか?」という疑問は、多くの若者が感じていることです。

韓国の「慰安婦」運動を現地でみて、支援者や同世代と交流することでみえてきたこと、彼女・彼ら自身の学びの体験を、より多くの方とシェアしたいと考えております。

特に日韓関係が非常に厳しい状況になっている今秋、若者たちの体験はこれまでになく重く、日本社会に訴えるものがあることでしょう。このようなときこそ、様々な世代がつながり、共に考える時間にしたいと考えています。

多くの方の、ご参加をお待ちしています。

日時 2019.10.26(土)15:00〜17:00(開場14:30)

場所 早稲田大学戸山キャンパス32号325教室

主催 一般社団法人希望のたね基金

共催 戦時性暴力研究会

資料代 1000円(学生無料)

問い合わせメール info@kibotane.org


閲覧数:220回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国

田中麻子 聞き取りプロジェクト7人目は方清子さんのお話を、2022年1月15日、16日の2回に渡って伺いました。 方さんは大阪で活動されているので撮影担当の私も大阪へ。大阪・鶴橋のコリアンタウンを抜け、方さんの元へ向かいました。 広島生まれ、中学時代からは大阪で暮らす方さんは在日朝鮮人です。 子供の頃には在日朝鮮人であることを隠していた方さんは高校卒業後から徐々に韓国文化に関わり始め、在日韓国青年