top of page
  • 執筆者の写真love965

キボタネ上映会『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』

KIBOTANE CINEMA Vol.6

『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』

2000年12月に東京で開催された「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」は2020年に20周年を迎えます。キボタネは2020年の1年間、2000年女性国際戦犯法廷を学び記憶し継承するための取り組みをおこなっていきます。その第1弾として、法廷を記録した映像作品を見ます。上映後には、法廷を担った中心人物のお一人でもあり、本作の製作者でもある池田恵理子さんをお招きして、お話を伺います。

【トークゲスト】

池田恵理子さん(イケダ エリコ)

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)名誉館長。

『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』(ビデオ塾、2001年、64分)

日時 2020年1月10日(金)19:00~21:00(18:30開場)

会場 中野ZERO視聴覚ホール(本館地下2階)

入場料 1000円

主催 一般社団法人希望のたね基金 www.kibotane.org

問い合わせ mail:info@kibotane.org/tel:080-3418-0609

閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

bottom of page