• love965

キボタネ上映会『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』

KIBOTANE CINEMA Vol.6

『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』

2000年12月に東京で開催された「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」は2020年に20周年を迎えます。キボタネは2020年の1年間、2000年女性国際戦犯法廷を学び記憶し継承するための取り組みをおこなっていきます。その第1弾として、法廷を記録した映像作品を見ます。上映後には、法廷を担った中心人物のお一人でもあり、本作の製作者でもある池田恵理子さんをお招きして、お話を伺います。

【トークゲスト】

池田恵理子さん(イケダ エリコ)

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)名誉館長。

『女性国際戦犯法廷の記録「沈黙の歴史をやぶって」』(ビデオ塾、2001年、64分)

日時 2020年1月10日(金)19:00~21:00(18:30開場)

会場 中野ZERO視聴覚ホール(本館地下2階)

入場料 1000円

主催 一般社団法人希望のたね基金 www.kibotane.org

問い合わせ mail:info@kibotane.org/tel:080-3418-0609

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国