一般社団法人 希望のたね基金

〒1130033

東京都文京区本郷3−4−3

​メール info@kibotane.org

Please reload

最新記事

「証言」を読むワークショップ参加者募集

March 20, 2018

1/4
Please reload

特集記事

「証言」を読むワークショップ参加者募集

March 20, 2018

 

 

一般社団法人希望のたね(キボタネ)は、「慰安婦」問題を若い世代に伝え、日韓の若者の交流を通し理解することを目的に2017年に設立しました。2018年初のワークショップでは、「慰安婦」問題に関心はあるけれど、何から学べばよいのか分からない、という方々に向け、「慰安婦」女性たちの証言を読んでいきます。

「慰安婦」”問題”は、1991年に金学順(キムハクスン)さんが声をあげたことによって明かになりました。以降、多くの女性たちが金学順さんの後に続き、お話をして下さいました。残念ながら証言された女性たちの多くは既に他界され、私たちは今、女性たちの話しを伺う機会を持つことが難しくなりました。この問題を風化させず、性暴力のない世界を築くための努力を怠らないために、女性たちが残して下さった証言に今、改めて向き合いたいと考えています。

第一回は韓国から尹美香さんをお呼びし、安点順さんの証言を読みました。00年代に入り証言をはじめた安点順さんのお話については本ブログで詳しく紹介しております。ぜひチェックしてください。第二回は実際にお会いできなかった世代が、どのように「証言を読むか」を考えながら、金学順さんの証言を読んでいきます。第三回は現在、人権活動家として活躍している金福童さんの証言を読みます。みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

第二回   金学順さんの証言を読む。チューター北原みのり

■日時 2018年3月 24日(土)18:15~ 

■場所 文京シビックセンター5階会議室A,B

■定員30名 ■参加費 1000円 

 

 

第三回 金福童さんの証言を読む。チューター 梁澄子

■日時 2018年4月 21日(土)18:00~  

■場所 イリヤプラスカフェ カスタム倉庫 (iriya plus cafe)

台東区寿4-7-11(銀座線田原町より徒歩3分。昭和の倉庫を改築した開放的なカフェ空間です)

■定員30名 

■参加費 1000円(ワンドリンクつき)

 

<お申し込み方法>

Info@kibotane.org にてお申し込み下さい。

定員になり次第締め切ります。

お申し込み時に何回目をお申し込みになるか、明記して下さい。

第一回〜第三回まで通しで参加して下さると、非常にうれしいです!

お支払いは当日会場にてお願い申し上げます。

お名前:

年齢:

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索