一般社団法人 希望のたね基金

〒1130033

東京都文京区本郷3−4−3

​メール info@kibotane.org

Please reload

最新記事

「証言」を読むワークショップ参加者募集

March 20, 2018

1/4
Please reload

特集記事

「証言」を読む Vol.6 黄錦周さんの証言を読む

June 29, 2019

 

キボタネワークショップ

「証言」を読む Vol.6 黄錦周さんの証言を読む

 

 

・チューター 保田千世さん

・日時 2019年7月27日(土)14:00~17:00(13:30開場)

・場所 イリヤプラスカフェカスタム倉庫(東京都台東区寿4丁目7−11)

       東京都台東区寿4丁目7ー11(銀座線田原町より徒歩3分)

    Tel. 03-5830-3863

・定員 30名 ※要予約

・参加費 1000円(ワンドリンク付き)

 

 被害女性たちの証言を直接聞くことが難しくなった今、彼女たちの証言を「読む」ことで、被害女性たちの「声」に耳を傾けようとするキボタネWS。6回目は黄錦周さんの証言を読みます。

 

 黄錦周さんは、1922年朝鮮の忠清南道に生まれ、数え20歳の時に日本の軍需工場に行くと騙されて吉林省の日本軍「慰安所」に連れて行かれました。戦争が終わり、軍人たちの姿が見えなくなると、黄錦周さんは数ヶ月をかけてソウルに辿り着き、その後、何人もの養子を育てました。1992年8月、国連人権小委員会で証言。国際会議で初めて証言した日本軍「慰安婦」被害者でした。デモや証言集会の場では恐い形相で日本政府を批判する姿を見せましたが、花を見ると途端に柔らかい表情に変わる、本当に花が好きな方でした。マリーモンドの今期のパターンストーリー、ノウゼンカズラは黄錦周さんのイメージです。

 

  今回は、長年にわたって黄錦周さんと交流を深め、黄錦周さんをモデルにした物語『花に水をやってくれないかい?』の翻訳者でもある保田千世さんがチューターとなって、黄さんの証言を読むだけでなく、生前の黄錦周さんについてお話してくださいます。共にテキストを読み、共に考えるワークショップに、皆さんのご参加をお待ちしています。

 

<お申し込み方法>

Info@kibotane.org にて、お名前と年齢を添えてお申し込み下さい。

定員になり次第締め切ります。

お支払いは当日会場にてお願い申し上げます。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索