一般社団法人 希望のたね基金

〒1130033

東京都文京区本郷3−4−3

​メール info@kibotane.org

KIBOTANE RADIO VOL.1 -
00:00 / 00:00

Speak

KIBOTANE RADIO

KIBOTANE RADIO VOL.1

KEIKO OTA and Minori KITAHARA

希望のたねラジオ、不定期にはじめていきます!

第一回は希望のたね理事太田啓子と北原みのりによる「女性に向けられる性暴力」について。

キボタネの設立から約半年。多くの方のご支援をいただきました。

日韓若者の教育事業に向けて、皆様からの継続的なご支援をお待ちしています。

​収録日:2017/11/15 出演:太田啓子(弁護士)北原みのり(作家)

太田啓子(弁護士)

北原みのり(作家)

【ラジオの中で紹介したイベント】

女性に対する暴力撤廃の国際デーキャンドルアクション

〜渋谷交差点をキャンドルで埋め尽くそう!〜

11月25日は国連で定めた「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。1999年、国連は、1960年にドミニカで独裁政権と闘ったミラベル姉妹が殺された日である11月25日を「女性に対する暴力撤廃の国際デー」と定めました。世界各地の女性団体は1981年からこの日を女性に対する暴力撤廃デーとして活動しています。毎年11月25日(女性への暴力撤廃・国際デー)から12月10日(世界人権デー)までの16日間、女性への暴力の撤廃を呼びかける催しが世界中で取り組まれています。韓国ソウルでは、11月25日、清渓広場で大規模なキャンドル集会が開かれ、すでにこの世を去った被害者も含め、全ての日本軍「慰安婦」被害者に女性人権賞が授与されます。

 

「慰安婦」問題は外交問題ではなく、女性の人権問題です。戦時中、日本軍の「慰安婦」になることを強要された女性たちの名誉回復も未だになされていません。私たちは、戦後半世紀もの間沈黙を強いられてきた女性たちが、1990年代以降、勇気を持って名乗り出たことの意味を深く受け止めます。この声に応答することこそ、今、一番やるべきことだと考えています。性暴力のない社会、被害を受けた人が声を上げやすい社会を一緒に築くため、このキャンドルアクションにご参加ください。

とき:2017年11月25日(土)
集合場所:渋谷駅 ハチ公広場
リレートーク&歌:18時30分〜19時30分 ※宣伝カーの上で行います
キャンドルアクション:19時00分〜・19時30分〜
青信号の間、キャンドルを持って、交差点を埋め尽くします(2回ずつ)
※キャンドルは配布します

発言者
    柴洋子(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)
    田中雅子(上智大学教員/16 Days Campaign-Sophia University)
    池田恵理子(女たちの戦争と平和資料館(wam)館長)         
    伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長)   
    佐藤香  (女性と人権全国ネットワーク共同代表)
    亀永能布子or柚木康子(安保法制違憲訴訟・女の会)
    青木初子(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
    他

主催;日本軍「慰安婦」問題解決全国行動