top of page

ドキュメンタリー映画「金福童」上映会in東京


壮絶な生があり、希望に満ちた死があった。


その死を悼んで「女性人権運動家・金福童市民葬」には6千人が集まった。

人々はなぜそれほどまでに彼女を慕い、敬い、その死を惜しんだのか。

その理由が今、明かされる。

日本軍性奴隷の被害を乗り越えて、人々に平和と希望の尊さを訴え続けた金福童。

韓国映画『金福童』は、その闘いの軌跡だーーーー。


ドキュメンタリー映画「金福童」、3年ぶりに日本で公開!!

東京ほか、大阪、神戸、滋賀、広島、川崎でも上映決定!


<日時>

2023年1月21日(土)19:00~21:00(開場18:30)



上映後、トークイベント開催!

夏衣麻彩子さん(映画監督)×梁澄子さん(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)


<場所>

なかのZERO小ホール

アクセス:〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9−7

     中野駅(JR・地下鉄東西線)南口から徒歩約7分


<鑑賞料>

一般 1000円

学生/障がい者 500円


<概要>

壮絶な生があり、希望に満ちた死があった。

その死を悼んで「女性人権運動家・金福童市民葬」には6千人が集まった。

人々はなぜそれほどまでに彼女を慕い、敬い、その死を惜しんだのか。

その理由が今、明かされる。

日本軍性奴隷の被害を乗り越えて、人々に平和と希望の尊さを訴え続けた金福童。

韓国映画『金福童』は、その闘いの軌跡だ。


14歳で連行され、中国、シンガポール、インドネシア等の戦場を連れ回された。1992年、周囲の反対を押し切って名乗り出た。2010年より、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)のシェルター「平和のウリチプ(我が家)」で暮らして以降、その発言と行動力で人権活動家と呼ばれた。2012年3月8日、国際女性デーに吉元玉(キル・ウォノク)ハルモニとともに「ナビ(蝶)基金」を設立。コンゴ、ウガンダ、ナイジェリア、シリアなどの紛争地で性暴力被害に苦しむ女性や、ベトナム戦争の時、韓国軍による性暴力被害に遭った女性たちを支援。2015年の「日韓合意」には、「お金で歴史を売った」と抗議し、政府を提訴するなど先頭で闘う。病に苦しみながらも、朝鮮学校の子どもたちを支援しようと「金福童の希望」基金を設立し、亡くなられる直前まで日本を訪れ子どもたちの羽ばたきを励ました。


<コメント>

仁藤夢乃さん(一般社団法人Colabo代表)

日本社会で続く少女や女性への暴力、性的搾取の現状に暗澹たる気持ちになる時、金福童さんを思い出す。金福童さんの勇気と愛と、諦めずに闘う姿を。諦めてはいけない、諦めたら、なかったことにされる。金福童さんは全身でそれを教えてくれた。


北原みのりさん(希望のたね基金理事)

長期に亘る安倍政権が強いた絶望はどれほどのものだったか。それでも、金福童さんは声をあげ、希望を掴もうとした。だから、私たちは諦めるわけにはいかないのだ。金福童さんの最期の戦いを、鮮明に強く、残していこう。


<注意事項>

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場の際は、マスクの着用、手指の消毒を徹底していただきますようお願い申し上げます。

・当日、37.5度以上の熱やのどの痛みなどの症状がございましたら、来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。

・当日はQRコードで入場の確認を行います。スムーズな入場のため、あらかじめQRコードを表示した状態でお待ちいただきますようお願い申し上げます。


<お問い合わせ先>

戦時性暴力問題連絡協議会/日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

Mail:eiga.kimbokdong@gmail.com

WEB:restoringhonor1000.info/


閲覧数:429回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【申込終了】被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾

キボタネ若者PJT2024 被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾 参加者募集!! キボタネでは2024年1月から日本軍「慰安婦」被害者を記憶し、その思いと運動を継承するため、各国被害者の証言を読むプロジェクト(PJT)を開始しました。PJTでは証言を読むだけでなく、記録動画を見たり、当事者を知る人々からお話を聞くなどして、被害者の人となりや思いにまで想像力を至らせることをめざしています。そして記

【終了】キボタネツアー2024 SPRING報告会&「ハルモニに会いに行く日」上映会

キボタネツアー2024 SPRING報告会 &「ハルモニに会いに行く日」上映会 2024年3月、キボタネは5回目の若者ツアーを実施しました。その参加者たちによるツアー報告と、チェ・イェリンさんのドキュメンタリー作品「ハルモニに会いに行く日」上映会を開催します。 チェ・イェリンさんは、韓国で市民活動家として日本軍「慰安婦」運動に直接関わるとともに、運動を支えてきた女性たちの姿を取材して、本ドキュメン

Σχόλια


bottom of page