日本軍『慰安婦』問題解決運動史聴き取りプロジェクト

キボタネ若者プロジェクト2021「日本軍『慰安婦』問題解決運動史聴き取りプロジェクト」が始まりました!

 

日本における日本軍「慰安婦」問題解決運動の歴史の一端を、これに関わった方々へのインタビューを等して明らかにし、その映像と文字起こしテキストをアーカイブ化するキボタネ若者プロジェクトが始まりました。3月27日のオリエンテーションには38名の申込みがあり、そのうちの32名が正式に参加して開始となりました。

そして4月10日、第1回として川田文子さんのお話をうかがいました。コロナ対策で対面インタビューは人数を絞って行い、その他のメンバーはオンラインで参加する形を取っています。

来年6月まで続く本プロジェクトの進捗過程をHPで継続的にご報告していく予定です。

 

今回は第1回参加者の下宮さんが寄せてくれた感想をご紹介します。

下宮さん(大学2年生)の感想

川田さんには川田さんの記憶の繋がり方があるのだと感じました。そのような一回性の語りをそばで聴くことができ、とても楽しかったです。語りの淀みや流れに一緒に身を預けていたくて、メモをとることも勿体なく億劫にすら思われました。緊張しましたが、参加してよかったです。後日書き起こしをしながら再び解釈することもあるかと思うので、その作業も楽しみです。

一般社団法人 希望のたね基金

〒1130033

東京都文京区本郷3−4−3

​メール info@kibotane.org

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube