top of page

【2021若者PJT】柴洋子さんの運動史聞き取り感想文

更新日:2022年8月1日

森川


6月12日、27日、7月10日の3回にわたり、柴洋子さんからこれまでどのように運動してきたのか、台湾の阿媽(台湾でおばあさんの意味)で、元「慰安婦」の女性たちの裁判をどのように支援してきたのかについて、貴重なお話を伺いました。私は2回目と3回目に対面でお話を聴きました。


柴さんはいつも、「こんな話でいいの?」と、仰りながら、柴さんにしかできない、阿媽とのお話、運動のお話を聞かせてくださいました。


長らく運動をされてこられた方に会うとなると、いろんな苦労をし、モチベーションたっぷりの方なのかと想像していました。でもお会いしてみると、柴さんはとても穏やかで、楽しそうにお話され、聴いている学生が笑い出してしまうようなエピソードを共有してくださいました。もちろん、苦労していないわけではないのだと思いますが、それを感じさせないような、運動って楽しいのかな、運動って想像しているよりも気楽に参加できるのかな、と思わせてくれるお話を聴かせてくださったのです。


そんな楽しい柴さんですが、複雑な歴史を持つ台湾のことも、事細かに教えてくださいました。もともとは若い娘が「売春」させられるという問題について取り組み、のちに阿媽たちを支援することになった「台北市婦女救援社会福利事業基金会」のことや、台湾には独立系と台湾省系がいて、政権によって阿媽たちに対する支援が変わってくること。そして阿媽たちと交流し、一人の阿媽が「寂しい」と言ったのを聴いて、柴さんは台湾に引っ越そうかとまで考えたことなどです。すべてのお話が実際に台湾へ赴かなければ、阿媽たちと交流していなければできないお話で、そのどれもが私の心に深く残っています。


まだまだお聴きしたいことばかりですが、お忙しい中お時間を割いてくださった柴さん、本当にありがとうございました!

閲覧数:215回0件のコメント

最新記事

すべて表示

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

bottom of page