top of page

【2021若者PJT】山田久仁子さんの運動史聞き取り感想文

坪井佑介

今回の若者プロジェクトでは2021年9月11日と9月25日の2回にわたって山田久仁子さんへのインタビューを行いました。山田さんはフィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩(ロラネット)のメンバーとしてロラ(タガログ語で「おばあさん」)と呼ばれるフィリピンの日本軍「慰安婦」の被害者への支援活動を長年行ってきた方です。また、ロラネットでフィリピンの「慰安婦」の歴史を学ぶためのワークショップを学生や市民向けに行っており、ロラたちの歴史を幅広く社会に伝えるための活動にも力を入れられています。今回はそんな山田さんに学生時代の話からフィリピンでの「慰安婦」問題に取り組むようになった経緯、そして日本やフィリピンでの活動のことなど、山田さんの人生史をたっぷりとお聞きすることができました。


 山田さんが社会運動に関わるようになったのは大学に入った時からで、大学寮で知り合った仲間などと徐々に運動や現場に足を踏み入れるようになったといいます。語りの中で「とりあえずやってみて」「軽い気持ちで」と何度かおっしゃっていたのが印象的で、自身の関心に赴くままに足を運び、思い切って行動に移してみるという山田さんの姿勢は学生時代から一貫していたように思います。そして、その中で生まれた様々な「出会い」が山田さんの人生を大きく動かしてきたことが分かりました。


 1990年代からピナツボ火山噴火被災者への支援などでフィリピンを訪れるようになったという山田さん。被災した先住民を訪問し、親しい関係を築くようになったといいますが、彼ら彼女らとの会話の中で戦時中の日本軍のフィリピン侵略の話を徐々に耳にするようになったといいます。ピナツボ火山周辺もまた第二次世界大戦の激戦地の一つでした。日本の加害の歴史は知ってはいたものの、フィリピンで活動している際にはそうした視点が抜け落ちていたのだそうです。支援活動を行っている自らを「良いことをしている」と考えていた山田さんですが、先住民らから日本軍の蛮行を直接聞き、はじめて日本人の一人としての自分の立場に気づかされたのでした。

 日本軍は戦時中にフィリピンへの侵攻を行う中で、現地の女性を性奴隷にして強姦を繰り返しました。山田さんもフィリピンでの運動を続けていく中でこの「慰安婦」問題にも関心を持つようになりましたが、山田さんをこの問題へと強く突き動かしたのは一人のロラとの出会いでした。当時(今でも)山田さんが運営していたフリースペースに、訪日したロラたちが泊まるようになるのですが、はじめて宿泊したのがフェリシダッド・レイエスさんでした。彼女は支援者の話に丁寧に耳を傾けながら「あなたも苦労したのね」と語りかける優しいおばあさんだったそうです。他者を思いやる物静かなレイエスさんの姿をみて、こうした物言わぬおばあさんたちがアジアには何万人もいるのかとハッとしたといいます。実際にロラの一人と出会ったことで、日本人である自らに責任を感じるとともに、「自分でも何かできるのではないか」「やらなければ」と思うようになったということでした。

 それからロラネットで様々な支援活動に力を入れていった山田さんでしたが、山田さんの語りの中でとりわけ心に強く残ったのは最高裁棄却の話です。ロラネットはロラたちによる日本政府を訴える裁判も支援していましたが、裁判の結果は事実認定すらしないもので、さらに最高裁の棄却決定をフィリピンにとって大変特別で重要な日である12月25日クリスマスの日に行うという、まさにロラ達の心を踏みにじるものでした。フィリピンではクリスマスは一大イベント。何カ月も前