top of page

【受付終了】キボタネ若者ツアー2024 AUTUMN

更新日:6月29日

#MeToo運動よりも前から、「私も!」と声を上げてきた日本軍「慰安婦」サバイバーたちを知っていますか?日本ではなかなか知ることができないサバイバーたちのこと、そして「慰安婦」問題について、実際に韓国に行って、見て、聞いて、話し合ってみませんか?


日時  : 2024年9月7日(土)~9月11日(水)

参加費 : 学生40,000円 社会人50,000円 (航空券、宿泊4泊、食費7食、移動交通費、ガイド費、通訳費込み)

※お部屋は原則的にツインでの利用になります。シングルご希望の方は追加料金36,000円(4泊分)をいただきます。

参加資格 : 18歳~29歳 (高校生不可)

募集締切 : 2023年7月8日(先着16名、最少催行人数10名、定員になり次第締切)


<お申込み> 以下のグーグルフォームからお申込みください。


※本ツアーは、一般社団法人希望のたね基金(キボタネ)と韓国の正義記憶連帯が、日韓若者交流と「慰安婦」問題への理解を深めるために企画し、旅行費用を助成するプロジェクトです。


<スケジュール> *スケジュールは若干変更となる場合があります。 

<主な訪問先>

植民地歴史博物館 日本の植民地時代の歴史を記録し展示する韓国初の植民地期専門歴史博物館。10年余りの歳月をかけて2018年8月29日に開館しました。

戦争と女性の人権博物館 2012年5月5日にオープンした、日本軍「慰安婦」問題の歴史、運動の歴史と共に、戦時性暴力の根絶に向けた展示と活動をおこなうアクティブ・ミュージアム。

正義記憶連帯(正義連)1990年11月16日に結成された「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」と2016年6月9日に設立された「正義記憶財団」が2017年7月に統合。日本軍「慰安婦」問題解決のための運動をリードし、被害者支援、「慰安婦」問題の真相究明、歴史教育等をとおした再発防止のために活動しています。

西大門刑務所歴史館 1908年に建てられ、日本の植民地支配下でたくさんの独立運動家たちが投獄された刑務所が、解放後も軍事政権下で民主化闘争の闘志たちを投獄することに使われた。現在は歴史館になっている。

南山 植民地支配期に日本による支配の政治的・精神的な拠点が置かれた南山では「朝鮮総督府跡」「統監官邸跡」「京城神社跡」などを見る他、「日本軍『慰安婦』記憶の場」や「日本軍『慰安婦』追悼碑」を訪れます。

 

ツアーに参加される方は以下をご了承ください。

1.事前学習会への参加(必須) 日時;2024年8月10日(土)10:00~17:00

 *オンラインで実施します。事前学習会に参加せずにツアーに参加することは出来ませんので、ご注意ください。

2.感想レポートの提出(必須)

*レポートは、報告集として出版する他、一般社団法人希望のたね基金のHPや会報に掲載されることがあります。

3.報告会への参加 

 *日時、場所等は後日お知らせします。参加は必須ではありませんが、なるべく参加できるようご予定ください。

4.ツアー全過程の写真・映像・録音等による記録

 *報告集や年次報告などで使用することがあります。HP等インターネット上に顔が分かる形で使用することはありません。

 

■参加費 (参加者負担分の旅行代金) 

2名様1室ご利用 お一人様 学生40,000円、社会人50,000円  お一人部屋ご利用の場合 追加36,000円(4泊分)

  その他の旅行代金は、「希望のたね基金」および「正義記憶連帯」より支払われます。


・旅行代金に含まれるもの : 行程表に記載された航空券代金、専用バス料金、日本語ガイド費用、観光・入場料、食事代金。

・旅行代金に含まれないもの: 飲み物・クリーニング等の個人的な費用。パスポート申請に係る料金。任意の海外旅行損害保険など。


■利用航空会社: 大韓航空、アシアナ航空、日本航空、全日空 

■利用ホテル:   ソウル・レックスホテル

■食事  昼 4回 夕 3回 (機内食は除く。機内では、機内食があります。)

■添乗員  同行しません。

■キャンセル料について 7/23以降のキャンセルにつきましては参加費をご返金できませんのでご了承ください。

■お申込み方法とお支払について …2024年7月8日(月)締切(定員になり次第締め切ります)

1.お申込フォームに必要事項をご記入いただき、パスポートのコピー(スペル記載面)をメール添付にてお送りください。 Mail:info@kibotane.org

パスポート未取得、更新が必要な方は、直ちにご申請いただき、後日お送りください。

   ※パスポートの取り扱いについて希望のたね基金では国籍やジェンダーに関わらず多くの若者が安全に参加できるツアーの実現を目指しています。パスポートから知り得た国籍、性別を含めた全ての情報は希望のたね基金代表理事の梁澄子と旅行会社の手配担当者のみが閲覧し、厳重に管理します。

2.お申込み後に「希望のたね基金」からご連絡を差し上げ、注意事項等をお知らせいたします。それをお読みになった上で、内容を確認後に、参加費として学生40,000円、社会人50,000円を、指定の口座にお振込みください。(口座情報も、注意事項と共にお知らせします)

※お申込書と参加費の両方の受領をもって、申込受付となります

 

■旅行手配

株式会社HMC 「にこまるツアー」東京都知事登録旅行業 第3-3609号 担当:鹿島/笹岡

TEL 03-5812-7080 / FAX.03-5812-7085 メール: contact@nikomaru.jp

〒110-0016東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F  (旅行業務取扱管理者 笹岡真奈美)


■お申し込み及び旅行内容(訪問先やスケジュール等)に関する詳細なお問い合わせは以下にお願いします。

<お問い合わせ先>

一般社団法人希望のたね基金(お申込み先)

Mail:info@kibotane.org 電話 080-3418-0609


<お申込みフォーム>


閲覧数:536回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【申込終了】被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾

キボタネ若者PJT2024 被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾 参加者募集!! キボタネでは2024年1月から日本軍「慰安婦」被害者を記憶し、その思いと運動を継承するため、各国被害者の証言を読むプロジェクト(PJT)を開始しました。PJTでは証言を読むだけでなく、記録動画を見たり、当事者を知る人々からお話を聞くなどして、被害者の人となりや思いにまで想像力を至らせることをめざしています。そして記

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

Comments


bottom of page