【キボタネ若者プロジェクト2021】日本軍「慰安婦」問題解決運動史 聴き取りプロジェクト 参加者募集

更新日:2021年7月28日

 2021年度、キボタネは若者事業として日本軍「慰安婦」問題解決運動史聞き取りプロジェクトを実施します。30年間、この運動を支えてきた日本の運動家たちへの聴き取りをおこない、記録を作成してアーカイブ化するプロジェクトです。

 18歳~29歳で日本語が聞き取れる人であれば、どなたでも参加可能で、遠方からのZOOM参加も可能です。まずは3月27日に開催するオリエンテーションに参加してみませんか? オリエンテーションで具体的な内容を説明しますので、参加の如何はオリエンテーション後に決めていただいて結構です。また、関心はあるけれどオリエンテーションの日には参加できないという方も、その旨ご連絡ください。別途、参加方法をお知らせします。

 本プロジェクトは、例えば可能な時に話だけ聞くという参加、聞いた話の文字起こしをする(有償)という参加、話を聴くだけでなくそれをまとめていくという参加等、それぞれに可能な形での参加ができる仕組みになっていますので、多少なりとも関心のある方は、まずはオリエンテーションにご参加ください。



 

概  要 日本軍「慰安婦」問題解決運動を担ってきた日本の運動家たちの経験を聴き取る。聴き取り時に映像を撮り、文字起こしをおこなって、映像と文字起こしテキストをアーカイブ化する。文字起こしは参加者が有償でおこなう。


参加要件 18歳~29歳の日本語が聞き取れる人。


期  間  2021年3月~2022年6月


スケジュール

3月27日(土)オリエンテーション(ZOOM開催)

 ①11:00~12:00 1回目

 ②19:00~20:00 2回目

 ※1回目か2回目のいずれかを選択

4月~   聴き取り開始

4月~   順次文字起こし開始

6月5日頃 成果発表シンポジウム


聴き取り方法

対面とZOOMを併用。遠距離(地方や海外)の方はZOOMでの参加になります。


聴き取り対象

1990年代から各国の被害者支援を続けて来た方々など、日本で日本軍「慰安婦」問題解決のために活動してきた方々。


※本プロジェクトは日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)との共同プロジェクトです。


申 込 み (申し込み締切日 3月25日 18:00まで)

申し込みは終了致しました。



閲覧数:424回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国