top of page

2/20「徴用工問題」緊急学習会


■□■━━━━━━━━━━━━━━━■□━━━━■□■

「徴用工問題」緊急学習会

 強制動員被害者の人権と尊厳を取り戻すために

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■   


日時:2023年2月20日(月)19:00~21:00

講師:金英丸(キム・ヨンファン)民族問題研究所対外協力室長


 韓国人強制動員被害者問題(「徴用工問題」)に関し、被告である日本企業が韓国の裁判所から支払いを命じられている賠償金を、韓国政府傘下の「日帝強制動員被害者支援財団」が肩代わりするという案が、韓国政府によって示されました。そもそも解決案を出すべき日本政府は「誠意ある呼応」を求められて、これに「協力」するかどうかを検討するという主客転倒の状況が今また、目の前で展開されています。

 改めて、強制動員問題とは何なのか、どのように解決するべきなのか、被害者の人権と尊厳回復の観点から、金英丸さんにお話いただきます。今さら聞けない基本的なお話、そして日本の報道では分からない本質的な問題をお聞きしたいと思います。


参加費1 学生 無料 (要申込)

お申込はこちら↓


参加費2 一般1000円/寄付者800円 (要申込)

※ 2022年5月以降の寄付者の方には別途クーポンをお送りします。

クーポンの利用法については、クーポン送付の際にご説明します。

お申込はこちら↓


金英丸(キム・ヨンファン) 民族問題研究所・植民地歴史博物館対外協力室長

1997年、北海道朱鞠内で開かれた強制連行・強制労働犠牲者の遺骨発掘作業(東アジア共同ワークショップ)に参加。2002年-2006年、「平和資料館・草の家」(高知)で日本の平和運動を学びながら活動。2014年から「民族問題研究所/植民地歴史博物館」(日本製鉄強制動員訴訟、靖国合祀取消訴訟の事務局)で過去清算、日韓市民連帯を主なテーマとして活動。著書(共著) 『南京事件70周年国際シンポジウムの記録―過去と向き合い、東アジアの和解と平和を』(日本評論社、2009年)、『9条しあわせの扉』(高知新聞社、2008年)、『高知・20世紀の戦争と平和』(平和資料館•草の家、2005年)など。



主催/問い合わせ先  希望のたね基金(キボタネ)

Mail:info@kibotane.org

電話 080-3418-0609

URL:www.kibotane.org

閲覧数:568回0件のコメント

最新記事

すべて表示

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

bottom of page