top of page

【申込受付中】被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾

キボタネ若者PJT2024


被害者の証言を読むプロジェクト 第2弾

参加者募集!!

 

 キボタネでは2024年1月から日本軍「慰安婦」被害者を記憶し、その思いと運動を継承するため、各国被害者の証言を読むプロジェクト(PJT)を開始しました。PJTでは証言を読むだけでなく、記録動画を見たり、当事者を知る人々からお話を聞くなどして、被害者の人となりや思いにまで想像力を至らせることをめざしています。そして記憶し、継承することの意味を共に考えたいと思っています。

 その第1弾として台湾の盧満妹さんの証言を読むPJTを2024年1月~4月に実施しました。そして6月から第2弾として中国の万愛花さんと楊秀蓮さんの証言を取り上げます。今後、第3弾、第4弾と各国被害者たちの証言を読んでいきます。

 

第2弾 中国 万愛花さん、楊秀蓮さん(南二僕さんの養女)

期間  2024年6月~2024年8月

参加要件 18歳~39歳

 

スケジュール  ※「対面」は常に「オンライン併用」になります。「対面」の場所は東京都内です。

 

2024

 

時間

内容

形式・講師等

1

6.1

14:00~17:00

オリエンテーション

中国山西省の日本軍性暴力問題ベーシック講座

対面+オンライン

講師;石田米子

2

6.15

19:00~21:30

万愛花さんと楊秀蓮さんが登場する映画『ダーニャンたちの戦争は終わらない』を見る。

オンライン

3

6.29

14:00~17:00

万愛花さんと楊秀蓮さんの証言資料を読む

 

対面+オンライン

4

7.13

 

14:00~17:00

山西省・明らかにする会の川見公子さん、田巻恵子さんのお話を聞く

対面+オンライン

講師;川見公子さん

田巻恵子さん

5

7.27

14:00~17:00

『万愛花 闘いこそが人生だった』を見て池田恵理子さんのお話を聞く

対面+オンライン

講師;池田恵理子さん

6

8.10

19:00~21:00

ワークショップに関する事前打ち合わせ会議

オンライン

 

7

8.25

14:00~16:30

万愛花さんと楊秀蓮さんの証言を読むワークショップ

対面+オンライン

一般参加を募る

※最後は一般参加を募ってPJT参加者がファシリテーターとなる形で証言を読むワークショップ(WS)を開催します。このWSをもってPJT第2弾の終了とします。

 

参加申込み

締切;2024年5月30日(木)


お申込みはこちらから↓

閲覧数:195回0件のコメント

最新記事

すべて表示

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

Comentários


bottom of page