【キボタネ連続講座】韓国の女性運動から学ぶ 性暴力・性搾取に反対する運動の現場から(全4回)

更新日:5月10日

 2022年のキボタネ連続講座は韓国の女性運動を学びます。

 キボタネではこれまで性暴力・性搾取に反対する韓国の女性運動団体と交流を深めて来ました。その過程で私たちが見てきたものは、被害女性たちのケアや世論喚起をしながら、問題解決のための法律制定運動に力を注ぎ、法制定後は直ちにその法律の運用を監視し、不足点を補うための改正運動に入る姿です。今回の連続講座ではそれぞれの団体から関連法の制定過程と現在も続けられている改正運動を中心にお話を伺います。そこから、韓国の性暴力・性搾取の現状、被害者たちの訴え、そしてこれを根絶するために闘ってきた女性たちの姿が見えてくるはずです。

 女性家族省の廃止などを公約に掲げた尹錫悦氏が大統領に当選したことで、今後、韓国の女性運動は試練の時代を迎える可能性が高まっています。そのような状況下で今後の運動の展望と、私たちに可能な連帯についても語り合いたいと思います。是非ともご参加ください。


開催方法:ZOOMによるオンライン配信

※見逃した方のために後日配信を行います。期間は約1ヵ月(次回講座前日まで)となります。


参加費

 学生 :無料

 一般 :各回1000円    

 寄付者:各回900円

 ※2021年5月以降の寄付者(年間1万円以上)の方には別途クーポンをお送りします。

 クーポンの利用法については、クーポン送付の際にご説明します。



 
お申込み

【全4回まとめ買い】





【第1回】

日時:2022年5月10日(火)19時〜21時

「韓国の反性暴力運動の現場から~『暴行・脅迫の証明』から『同意の有無』へ、強かん罪改正運動を中心に」

講師:イ・ミギョンさん(韓国性暴力相談所理事)


【第2回】

日時:2022年6月14日(火)19時〜21時

「韓国のサイバー性暴力根絶運動の現場から~『n番部屋防止法』を中心に」

講師:ソ・スンヒさん(サイバー性暴力対応センター代表)




【第3回】

日時:2022年7月19日(火)19:00~21:00

「性購買の需要を遮断するために~『性売買処罰法』改正運動を中心に」

講師:イ・ハヨンさん(性売買問題解決のための全国連帯共同代表)



【第4回】

日時:2022年8月23日(火)19:00~21:00

「10代の女性たちを性搾取から守るために~『児童・青少年の性保護法』改正運動を中心に」

講師:チョ・ジンギョンさん(十代女性人権センター代表)




 
講座と講師の紹介

イ・ミギョンさんと韓国性暴力相談所

 1991年4月13日開設。当時の韓国で性暴力は「私的な」「重要ではない」こと、「恥ずかしい」性の問題、「女性の貞操に関する問題」あるいは「女性たちの嘘」として扱われ、問題視されていなかった。性暴力は「性的自己決定権の侵害」であるという問題意識はおろか、「性暴力」という言葉すら聞き慣れない時代に立ち上がった女性たちが設立し、1993年3月、ソウル市から社団法人の認可を得た。イ・ミギョンさんは、その設立メンバーの一人で、総務、副所長、所長を歴任し、現在も理事として関わり続ける。  性暴力相談所は、性暴力特別法(1993年12月制定、1994年1月施行)の制定運動とその後の継続的な監視活動、#Me Too運動、堕胎罪廃止まで、常に韓国の性暴力反対運動の中心で闘ってきた。そして現在、韓国で進む強かん罪改正運動の中では、強かん罪の成立要件を「暴行・脅迫の証明」から「同意の有無」に変えなくてはならないという運動が展開されている。まさに日本と同じ課題を抱えて韓国でどのような議論と運動が展開されているのかを、中心的に聞く。



ソ・スンヒさんと韓国サイバー性暴力対応センター

イ・ハヨンさんと性売買問題解決のための全国連帯

チョ・ジンギョンさんと十代女性人権センター


閲覧数:1,388回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国