top of page

2022年キボタネ連続講座<韓国の女性運動から学ぶ>4回目 韓国の反性暴力運動の現場から

2022年8月23日(火)

講師:チョ・ジンギョンさん(10代女性人権センター代表)

担当:佐々木


連続講座の第四回目は、「10代の女性たちを性搾取から守るために~『児童・青少年の性保護法』改正運動を中心に」と題して、韓国の10代女性人権センター代表のチョ・ジンギョンさんをお招きしてお話を聞きました。

チョ・ジンギョンさんは2001年から活動をしてこられ、今年で22年目になられます。活動の中で性売買から抜け出せない成人女性たちのバックグラウンドを聞くと、10代の頃から性搾取が始まっていたという背景を知り、まずは10代を守ろう、10代のときに性売買市場に足を踏み入れてしまわないようにすることができれば被害を防げるのではと考え、10代女性人権センターを立ち上げたそうです。

その当時、性売買斡旋業者の前払い金や強制などが立証されれば被害者として支援されたが、インターネットで約束して会った人から被害にあっても「自発」と見なされ、未成年者であるその被害者も処罰の対象となっていました。そこで、どんな形でも被害者として保護・支援できるように「児童・青少年の性保護に関する法律(児青法)」の改正を目指しました。

初めは家出少女や条件デート(日本でいう援助交際のようなもの)の性被害に関してはあまり政治家たちに関心を持ってもらえなかったが、2014年の金海女子高校生殺害事件の発生や、2015年の冠岳区ラブホ14歳少女殺害事件、2016年の知的障害児童ハウン事件などが起こり、徐々に関心を持つ人々、そして改正案の法案を発議してくれる議員が現れます。

講演の中では、デジタルを媒介としたサイバー性暴力についても触れられ、性暴力と性売買の区別はできないこと、特に児童の場合、その二つを区別することに意味がないこと、加害者が「親に言うぞ」と脅迫する場合がほぼ100%であること、グルーミングの手法、深刻な被害など、児童青少年を対象とした性搾取犯罪の特徴が語られました。

こうして(1)人々の関心が高まったこと(2)総選挙があったこと(3)n番部屋事件の発生(4)準備されていた草案があった、という複合的な要因が重なり、また弛まない改正運動の結果、2020年4月30日、児青法の改正案が国会を通過し、どのような形の被害も保護され支援されることになりました。

講演時間の関係で最後は駆け足になってしまいましたが、質疑応答も活発にされ、韓国の運動からたくさんの学びを得ることができた時間でした。この4回の連続講座を通して、声を上げること、働きかけること、連帯すること、何より、被害者の声を聴くことの重要性を感じました。今後もキボタネは性暴力のない世の中を目指し、たくさんの人たちと連帯して活動していきたいと思います。(magi)

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

連続講座第3回「不戦兵士の会:元兵士と市民による不戦運動の軌跡と、その先の運動へ」報告

連続講座第3回「不戦兵士の会:元兵士と市民による不戦運動の軌跡と、その先の運動へ」報告 日時:2024年2月11日(日)19:00~21:00 遠藤美幸さん(不戦兵士を語り継ぐ会・共同代表) 今回の講座では、元兵士の戦場体験の聴きとりを続けてこられた遠藤美幸さんをお招きして、「不戦兵士を語り継ぐ会」(旧・「不戦兵士の会」、1999年に「不戦兵士・市民の会」と改称)の歩みと今後の展望についてお話をう

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

連続講座第1回「私たちには記憶すべきことがある」報告

【第1回】「私たちには記憶すべきことがある」 日時:2023年12月10日(日)19:00~21:00 真鍋祐子さん(東京大学東洋文化研究所・教授) 坪井佑介 希望のたね基金では2023年12月10日に第1回キボタネ連続講座を開催しました。第1回は本連続講座の総タイトルでもある「私たちには記憶すべきことがある」というテーマで、真鍋祐子さんにお話いただきました。『私たちには記憶すべきことがある』は韓

Comments


bottom of page