• love965

『終わらない戦争』韋紹蘭さん追悼上映会の報告

最終更新: 2020年6月9日


「謝罪されない」ことによる社会への影響とは

ー 韋紹蘭さん追悼上映会 『終わらない戦争』

・日時:2019年8月11日(日)13:00~15:00

・会場:早稲田大学・戸山キャンパス32号館128教室 

・トーク:熱田敬子(早稲田大学講師)×梁澄子(キボタネ代表理事)

中国・桂林で、日本軍性奴隷制被害者になった韋紹蘭(イ・ショウラン/ウェイ・シャオラン)さんが2019年5月5日、逝去されました。享年99歳でした。

韋紹蘭さんは、1944年11月、幼い娘とともに日本軍によって拉致され、性奴隷にされました。命からがら逃げ出し、故郷の村に戻った韋紹蘭さんは、日本兵との間にできた子どもを出産。息子の羅善学(ラ・ゼンガク/ルオ・シャンシュエ)さんは、村人から「日本軍の子」と呼ばれ、差別を受けました。韋紹蘭さんと羅善学さんは戦後、周囲の社会から隔絶された環境で苦しい生活を強いられます。

KIBOTANE CINEMA Vol.5では、韋紹蘭さんへの追悼の意を込めて、彼女を含む4ヶ国5人の被害者の証言を集めたドキュメンタリー映画『終わらない戦争』を上映。戦時の被害体験、戦後の人生について知り、被害者が求めた“真の謝罪”とはどんなものであったか学びました。上映後には、早稲田大学講師の熱田敬子さんをお招きし、中国の日本軍性奴隷制被害の実態、韋紹蘭さんの背景などについてお話いただきました。当日の様子をレポートします。

■深い傷を抱えた女性たちは戦後もそこから逃れることはできない

当日は約70名を 超える来場者が集まりました。最初に、希望のたね基金代表理事の梁澄子が挨拶しました。

「私が韋紹蘭さんを初めて知ったのはこの映画でした。その後、2010年に『2000年女性国際戦犯法廷』10周年のシンポジウムで来日された時に、初めてご本人と息子の羅善学さんとお会いしましたが、本当に痛々しい表情をされていたのが心に残っています」

『終わらない戦争』が制作されたのは2008年。当時は、各国の日本軍性奴隷制被害者が来日し、損害賠償請求訴訟を続けていました。そんな中、日本において中国の被害者といえば、山西省盂县という小さな地域の方々のことしかわかっていない状況でした。梁代表は、山西省の被害女性の裁判支援を行う人々とともに盂县に渡ったエピソードについて語りました。

「当時、山西省に行って感じたことは、戦後の被害の深さでした。私が多く接触してきた韓国の被害者らは、植民地の朝鮮から他国に連れて行かれて、戻って来ても故郷には帰れないという女性が少なくなかった。山西省の被害者は、自分が生まれ育った村に日本軍がやってきて、そこで被害に遭っています。そうすると、周りの人たちも被害について知っている状況で、戦後も生き続けるしかない。どちらの傷が深いかということではありません。それぞれに深い傷を抱えた女性たちは、戦後もそこから逃れることはできないんです」

「韋紹蘭さんの場合は、日本兵の子を産んでいます。つまり、彼女からしたら被害の記憶が一つの命として生きているということだと思います。そんな中で、人生を歩んできたんだということの衝撃はすごく大きかった。たくさんの被害者に会った中でも、やはり忘れられない出会いでした」

■中国の被害者は「慰安婦」という言葉を受け入れられない方が多い

続いては、ゲストの熱田敬子さんがトーク。ジェンダー学、社会学を専門に早稲田大学講師を務める熱田さんは、中国語の通訳・翻訳家もされています。大学在学中に映画『ナヌムの家』の上映会を行い、日本軍性奴隷制問題に関わるようになり、山西省などで被害者支援に関するフィールドワークを行っています。

「日本軍性奴隷制の問題は、ジェンダーの問題だけじゃなく、貧困や民族、戦後責任などあらゆる問題が凝縮されていることに衝撃を覚えて、大学在学中にこの問題に取り組み始めました。2010年からは、山西省盂县の被害女性の裁判支援をしてきた山西省・明らかにする会にご一緒させ