2022年キボタネ連続講座<韓国の女性運動から学ぶ>1回目 韓国の反性暴力運動の現場から

2022年5月10日(火)

講師:イ・ミギョンさん(韓国性暴力相談所理事)

担当:田中麻子

 韓国性暴力相談所理事のイ・ミギョンさんは性暴力特別法の制定に関わったいくつかの重大な事件を紹介する。91年、9歳の時に被害を受けた被害者が30歳になった時に、21年前の性暴力被害の処罰を求めたら時効となっていたため加害者を殺害した事件。92年、父親から長年性暴力を受けていた被害者が大学生になった時に、被害者の恋人が被害者の父親を殺害した事件。当時の韓国は直系の父親は告訴できなかった。これらの二つの事件が性暴力特別法の必要性を社会に訴えた。93年12月に制定された性暴力特別法、その制定を求める運動が先駆けとなり、97年にはDV防止法、99年にはセクハラ関連法、00年に児童青少年性保護法、04年に性売買防止法が制定される。

これらの法律の制定や支援所の設置などは韓国の市民の弛まぬ努力によって実現した。韓国で行われたさまざまな市民運動、パフォーマンスの一例が紹介される。江南駅10番出口近くで起きた強姦殺人事件に対して3万7千枚以上の抗議・哀悼のポストイットが貼られた市民たちの連帯。2018年に行われた2018分のリレートークでは約34時間、計193人のサバイバーのトークが行われた。

 最近の事例として強姦罪改正のための連帯の取り組みについて触れる。強姦の要件を暴行と脅迫から同意の有無への改正などを求めて国会法制司法委員会に意見書の提出やメディアへの寄稿を行い、様々な政府各委員会で法改正を要求。「#Me Too運動と共にする市民行動(21年)」などの市民の活動もそれを後押しし、21年10月現在、法案が発議された状態で戦いは今も続いている。

 イ・ミギョンさんは反性暴力運動の争点と課題を以下のように考えている。

争点(1)被害者を見る視点…「可哀想な被害者」という被害者像の固定化が被害者の尊厳の回復を妨げる。

争点(2)法の客観性?合理性?…被害者の経験が生かされていない法律で刑事司法手続き上の2次被害が起こっている。

争点(3)加害者厳罰主義…GPS装置の着用や個人情報の公開などが再発防止などの視点ではなく処罰として行われる。個人を処罰することで社会文化的構造は放置される。

争点(4)性暴力予防教育…大規模集団教育には限界があるため、小規模な討論方教育を行なっていくことの重要性。

争点(5)虚偽告訴で反訴、ペンスルール等のバックラッシュ…女性嫌悪が新たな形で発露している。

争点(6)性平等専門担当部署である「女性家族省」存置…保守政党が男性票獲得のために廃止を公約に掲げる。

 イ・ミギョンさんは「社会は絶対に自然と変わることはない。共に問題提起し、実践する時、私たちは変化をつくることができる」と締めくくり、視聴者からの質問では韓国で行われる積極的なフェミニズム運動についてや性教育などについて答えた。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国

田中麻子 聞き取りプロジェクト7人目は方清子さんのお話を、2022年1月15日、16日の2回に渡って伺いました。 方さんは大阪で活動されているので撮影担当の私も大阪へ。大阪・鶴橋のコリアンタウンを抜け、方さんの元へ向かいました。 広島生まれ、中学時代からは大阪で暮らす方さんは在日朝鮮人です。 子供の頃には在日朝鮮人であることを隠していた方さんは高校卒業後から徐々に韓国文化に関わり始め、在日韓国青年