2022年キボタネ連続講座<韓国の女性運動から学ぶ>2回目 韓国の反性暴力運動の現場から

2022年6月14日(火)

講師:ソ・スンヒさん(サイバー性暴力対応センター代表)

担当:magi


 2022年6月14日、連続講座の第二回目は、「韓国のサイバー性暴力根絶運動の現場から~『n番部屋防止法』を中心に」と題して、韓国のサイバー性暴力対応センター代表のソ・スンヒさんをお招きしてお話を聞きました。

 サイバー性暴力とは、インターネット、モバイル、SNSなどのサイバー空間で発生するジェンダー位階に基づく暴力で、 撮影された性的イメージをねつ造/搾取/拡散脅迫する性暴力、オンラインでおこなわれる性売買、オンライン上の性的いやがらせ等が含まれます。

 韓国では2015年頃からフェミニズムリブート運動が起き、その波に乗って2017年に発足したのがサイバー性暴力対応センターです。 韓国で起きた「n番部屋」事件は、大規模なデジタル性犯罪・性搾取事件ですが、2018年から2020年までの間に、多くの女性が性被害に遭いました。フェミニズムリブート運動は主に20~30代の女性が中心でしたが、このn番部屋事件が明らかにされ、全国民に怒りが波及し、「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法」が改正されました。これが「n番部屋防止法」です。この改正により、サイバー性暴力に対する処罰が重くなり、また、盗撮した写真や動画、合成写真などを所持・購入・視聴した人も処罰されるという項目が新設されました。

 お話の中では、グルーミングのことや、日本のポルノが韓国に与えている影響、性暴力を支えている産業構造や文化構造についても言及されました。また、最後には国家レベルでの対応、市民レベルでの対応、個人レベルでの対応など、私たちができる行動についても提示していただき、個々人の連帯が性暴力をなくす要(かなめ)であることを改めて感じました。

韓国での性犯罪だけがひどいのではありません。日本での性暴力被害も深刻です。この連続講座で日本での運動の方向性を皆さんと考えていけたら幸いです。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

坪井佑介 今回の若者プロジェクトでは2022年3月27日、4月9日、4月24日の三回にわたって池田恵理子さんにお話を伺いました。池田さんはNHKの番組ディレクターをされていた方で、1990年代には薬害エイズや東ティモールでの人権問題、そして日本軍「慰安婦」問題を扱った番組も制作しました。その後、NHKで日本軍「慰安婦」問題を取り扱うことが難しくなってからも、女性映像集団「ビデオ塾」を創設して「慰安

朝倉希実加 今回のプロジェクトでは2022年2月12日、27日、3月13日の3回にわたって金富子さんのお話を伺いました。生い立ちから「慰安婦」問題と関わるようになったきっかけ、その後の活動など金富子さんの人生について非常に貴重なお話を聞くことができました。 金富子さんは在日朝鮮人として1958年2月に生まれ、育ちました。親が熱心に民団の活動をしていたため韓国語を学んだこともあり、早くから自分が韓国

田中麻子 聞き取りプロジェクト7人目は方清子さんのお話を、2022年1月15日、16日の2回に渡って伺いました。 方さんは大阪で活動されているので撮影担当の私も大阪へ。大阪・鶴橋のコリアンタウンを抜け、方さんの元へ向かいました。 広島生まれ、中学時代からは大阪で暮らす方さんは在日朝鮮人です。 子供の頃には在日朝鮮人であることを隠していた方さんは高校卒業後から徐々に韓国文化に関わり始め、在日韓国青年