top of page

連続講座第4回「私たちも継承者であろう!-Pa mana Rin Tay!-」報告

連続講座第4回「私たちも継承者であろう!-Pa mana Rin Tay!-」報告

日時:2024年3月10日(日)19:00~21:00

<パマナ・リン・タヨ Pamana Rin Tayo(PART)>

田中麻子


最終回である第4回目はパマナ・リン・タヨ(Pamana Rin Tayo /PART)の福田美智子さん、沖本直子さん、佐藤智美さんにお話していただきました。ロラ(=フィリピンの「慰安婦」被害者)たちの体験を伝える活動をおこなっているPARTは、キボタネで活動する若者たちと同世代のメンバーも活動している団体です。

福田さんは自身が「慰安婦」問題に関わることになったきっかけとロラたちとの出会い、PARTの活動を始めた経緯を話してくださいました。沖本さんはPARTで実際に行っている、ロラたちの家族へのインタビューを絵本にしてその絵本を朗読するワークショップを実演してくださいました。佐藤さんは自身が「慰安婦」問題にどのような気持ちで取り組んでいるか詳しく話してくださいました。

PARTでは早くから被害者の証言に寄りかからない記憶・継承を実践していますが、ロラたちと関わりながらどのように記憶・継承をしていくか試行錯誤する過程を伺うことができ、私たち被害者と直接関わることの少ない世代の記憶・継承の活動の大きなヒントになりました。また、同世代の活動家がどのような思いで取り組んでいるか伺えたことはとても刺激的で、連帯を深めることができた回でした。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

キボタネ若者PJT2024被害者の証言を読むプロジェクト第1弾「盧満妹さん(台湾)の証言を読む」の報告

キボタネ若者PJT2024被害者の証言を読むプロジェクト 第1弾「盧満妹さん(台湾)の証言を読む」の報告 2024年1月27日~4月20日開催 プロジェクト概要 キボタネでは日本軍性奴隷制/戦時性暴力被害者を記憶し、その思いと運動を継承するため、各国被害者の証言を読む若者プロジェクト(以下、PJT)を2024年1月より開始しました。これまでも証言を読む企画としては、2018年2月から2021年10

連続講座第3回「不戦兵士の会:元兵士と市民による不戦運動の軌跡と、その先の運動へ」報告

連続講座第3回「不戦兵士の会:元兵士と市民による不戦運動の軌跡と、その先の運動へ」報告 日時:2024年2月11日(日)19:00~21:00 遠藤美幸さん(不戦兵士を語り継ぐ会・共同代表) 今回の講座では、元兵士の戦場体験の聴きとりを続けてこられた遠藤美幸さんをお招きして、「不戦兵士を語り継ぐ会」(旧・「不戦兵士の会」、1999年に「不戦兵士・市民の会」と改称)の歩みと今後の展望についてお話をう

連続講座第2回「東アジアの平和と民主主義」報告

【第2回】「東アジアの平和と民主主義」 日時:2024年1月14日(日)19:00~21:00 李泳采(イ・ヨンチェ)さん(恵泉女学園大学教授) magi 元々予定していた講師がケガの手術のため、李泳采さんが同じテーマで民主化運動記念事業会の活動を中心に、より幅広く韓国における民主化運動と過去清算の記憶・継承運動についてお話してくださいました。 今回の講座では、1980年の5・18光州民衆抗争や1

Comments


bottom of page